入局案内

人と同じように画像にも個性がある。 私は画像を通じて、毎日多くの患者さまに出会っています。

藤田保健衛生大学医学部
放射線医学教室
秋山 新平(あきやましんぺい)
入局:2012年

放射線科を選んだ理由は?

藤田保健衛生大学卒業後、地元の関西にある病院で研修期間を過ごしました。さまざまな科を回りましたが、どの科の医師も診療に追われて忙しく、医療の現実を感じました。そんな中で、医師たちを支えていたひとつが、正確な画像診断でした。ある医師は「優秀な放射線科医が1人いれば、その病院の診療レベルは上がる」と語りました。実際、その病院の放射線科医はとても優秀な方で、私はその医師のようになりたいと思い、一生の仕事として放射線科医の道を選びました。

仕事のやりがいを感じるときは?

臨床医と比べて、放射線科医は患者さまと接する機会が少ないといわれます。でも私の場合、画像を通じて、日々、患者さまと接していると思っています。人の顔や性格が違うように、身体の部位も人それぞれ。すごく個性的なんですよ。ですから画像を見ただけで、どの患者さまのものか分かったりするし、過去の画像が頭にぱっと浮かんだりします。
画像診断を通じて多くの患者さまと出会える事実に気付いてからは、さまざまな人のドラマに関われるこの仕事にますますやりがいを感じています。

職場の環境はいかがですか?

2012年に「低侵襲画像診断・治療センター」が設置され、国内随一ともいえる最新鋭の機器が揃っているので、本当に恵まれた環境で働けることに感謝しています。
また、患者さまの経過と治療法について、定期的なカンファレンスだけでなく、医局員同士で画像を共有し、ディスカッションを行なうことでおおいに刺激を受けています。

今後の目標を教えてください。

医学は最先端医療に注目が集まりがちですが、診療で問われるのは基礎の知識や能力の積み重ねです。まずは知識と経験を積み重ね、どんな事案にも対応できる強固な基礎をつくりたい。そして多くの人に信頼される画像診断のプロフェッショナルになりたいと思っています。

入局希望者に向けてメッセージをお願いします。

放射線科は身体の全部位が診断対象となりますので、さまざまな科の医師と関わることができます。また、臨床医ですと1日に診察できる患者さまは限られますが、放射線科医はあらゆる患者さまにたくさん出会うことができます!

画像診断技術が日進月歩で進むなか、放射線科医の可能性はさらに広がっていきます。

藤田保健衛生大学医学部
放射線医学教室
太田 誠一朗(おおたせいいちろう)
入局:2010年

放射線科を選んだ理由は?

研修医の頃、外山教授に「核医学」をご指導いただき、独特の奥深い世界に引き込まれました。同じ研修医の中でも放射線科で核医学を研修している同僚は少なく、未知の分野に触れることが嬉しかったのを覚えています。教授は当時から熱心にご指導くださり、とても感謝しています。

仕事のやりがいを感じるときは?

現在、教授が取り組んでいる研究の過程で、正常な方の脳血流スペクト画像を集め、データベース化しています。これが完成すれば、見落としやすい病状の画像と比べることで早期発見につなげることができます。
また、画像診断は、どの分野においても治療方針を決める大きな指標のひとつとなっています。私たちの画像診断をもとに、主治医が治療方針を決定されることも少なくないので、医療の現場で役立っていると思うと、とてもやりがいを感じます。

職場の環境はいかがですか?

平均年齢が30代前半と若い医局です。気の置けない先輩や後輩に囲まれ、毎日楽しく過ごしています。組織としては成長過程にある医局だと思うので、これから一緒に成長していきたい方には最良の医局だと思います。

今後の目標を教えてください。

画像診断の技術は教科書を読んで身につくものではなく、読影を積み重ねていく中で築き上げていくものです。私は2014年に「核医学専門医」、2015年に「放射線診断専門医」を取得しましたが、まだまだ知識と経験が不十分です。これからは専門医としての経験をしっかりと積んでいきたいと思います。
また、検査機器や画像診断ソフトの開発が日進月歩で進むなか、画像から読み取れる可能性はさらに広がっています。そういった進化にいち早く対応していくのが私たち放射線科医の仕事。ますます発展する分野だと確信しています。

入局希望者に向けてメッセージをお願いします。

放射線科は新しいことが次々と産み出されていく分野なので、常に知識をアップデートしていく楽しみがあります。また他科と違って身体の全部位が対象で、身につく知識量も膨大です。好奇心や向上心のある方、心よりお待ちしています!

子育てとの両立に理解があり、医局メンバーにはいつも助けられています。

藤田保健衛生大学医学部
放射線医学教室
西村 弥智(にしむらみさと)
入局:2010年

放射線科を選んだ理由は?

仕事と子育てを両立しやすい職場であることが一番の理由です。入局したのが2010年春なのですが、7月に長女、12年に次女、15年に3女を出産し、そのたびに1年間の産休をいただき、16年4月に3度目の職場復帰いたしました。復帰してからも、時短勤務(20時間/週)で週3日は午前勤務、金曜日のみ1日勤務しています。放射線科は、外来などがある科とは違い、時間どおりに仕事を終えることができ、またフレキシブルに働きやすいので、私にとっては本当にありがたい職場です。

仕事のやりがいを感じるときは?

もともと耳鼻咽喉科を専攻していたこともあり、現在は耳鼻咽喉科領域を中心に読影しています。少し専門的な話になりますが、耳の奥にある「耳小骨」という部位は、2〜3㎜という小さく独特の形をした骨が知恵の輪のように組み合わさった、複雑な構造をしています。どこに変形が生じているのか、どんな病態が考えられるのか、読み解いていくのは難しい。だからこそ、修練を重ね、耳小骨の複雑な形が頭の中で描けるようになると、この仕事の醍醐味を感じます。

職場の環境はいかがですか?

育児休暇のため、自分が担当していた仕事をだれかに代わってもらう必要があったのですが、ひとつ返事で引き受けていただけたときは、あまりの感動に、心の中で泣きました。子どもはまだまだ手のかかる年齢で、保育園のお迎えや急な発熱による早退など、医局のメンバーには数えきれないほどフォローしていただき、さりげない優しさにいつも助けられています。

今後の目標を教えてください。

仕事と子育て、いずれも100%やり切るのは難しく、今は子育てに比重を置いています。キャリアアップの面では、時々歯がゆくも情けなくも感じますが、入局時、女性の教授に言われた「女性のキャリアは男性よりも5年長くかかる。でも最終的には同じだから」という言葉を信じ、今は焦らず、たとえゆっくりでも、じりじりと前進していきたいと思います。

入局希望者に向けてメッセージをお願いします。

女性局員の中で子育て中は私1人ですが、医局にはパパとして奮闘中の方も多く、仕事と子育ての両立について、とても理解のある職場です。私をワーキングマザーのモデルケースのひとつにして、キャリアアップの参考にしていただければと思います。

ページの先頭へ